<< 7月25日 六本木ヒルズ madolounge concert | main | モルディブ >>

8月3日 野々香ちゃん(年中)のレッスン



この日のレッスンでは、脱力や音の出し方を中心に勉強しました★
たくさんの曲を準備してきてくださいました。

・Miyoshiメソード3:ソでかわろ
・アキ・ピアノ教本2:てくてくあるく
           すみれいろのセーター 
           おおきなくるみの木
           カノンのれんしゅう
           すべりだい
・ギロック・ピアノピースコレクション:ガラスのくつ

野々香ちゃんはとても敏感な耳を持っていて、年中さんという小さい年齢ながら、微妙な音色の違いに気付くことができます。そして、それを的確に表現することができます。
最近では、レガート(なめらかに音をつなげること・小さいお子さんにはとても難しいテクニックですが・・・)が素敵に演奏できるようになりました。よく耳を使って、集中して練習されている成果だと思います。
普段は活発でおしゃべりな、明るい女の子なのですが、ピアノに向かうと別人のように集中力を発揮するのでびっくりしてしまいます。

スポーツと同じで、形や脱力は重要なポイント。
無駄なところに力が入っていては、良い音で楽器を響かすことはできません。
指先でしっかり支えながら手首、腕、肘、肩の力を抜くと、芯のある、遠くまで響く綺麗な音になります。
指先がふにゃふにゃで、手首や腕にガチガチに力が入っているときは、潰れた、響かない音になってしまいます。
名ピアニストが演奏しているときの動きを見ていると、よくわかります。
「百聞は一見にしかず」でコンサートホールに足を運んでみましょう♪
どんなとき、どんな音が出ているか勉強になると思います★☆

ギロック作曲の「ガラスのくつ」は野々香ちゃん憧れの曲だそうです!
舞踏会でのダンスや、シンデレラが靴を落としてしまったところが描かれた
愛らしい曲です。

残念ながら都合がつかず、発表会では皆さんに演奏をお聴かせできないのですが、また一段と磨きのかかった演奏、次回のレッスンでも楽しみにしていますね!

☆木村佳野さん☆http://www.andvision.net/testimonial/testimonial/testimonial007.html

私の大学の同級生の、留学生活のレポートです♪
コピー→貼り付けしても、右(下の方にバーがいっているかも)の「links」からも見れます。

イギリス・フランスでの演奏活動、海外生活の様子がわかりやすく、楽しく書かれています。私は、「ヨーロッパ、日本それぞれの良い点を知ることができ、広い視野で物事を見ることができるようになった」という部分が印象に残りました。世界的に活躍する彼女ならではの体験を、是非見てみてください。
                 


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
sponsored links
selected entries
archives
recent comment
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM