<< 2018年 2月25日 教室発表会の様子 | main | 2018年 10月 小5 Y.Kさんのレッスンの様子 >>

2018年10月 教室の生徒さんのご活躍、レッスンの様子

この秋の、小石川ミュージックアカデミーの生徒さんのご活躍を紹介します。


🌟エリーゼ音楽祭 連弾ピアノ部門 関東予選優秀賞 A.Kさん N.Kさん

🌟ベーテン音楽コンクール 課題曲部門 地区予選銅賞 M.Iさん 小3

🌟ブルグミュラー東京大会 優秀賞 Y.Tさん 小1


おめでとうございます💗

それぞれお仕事や学校生活にお忙しい中で、向上心を持ち取り組まれる姿勢が素晴らしいと思います。引き続き、地区大会や全国大会でのご活躍も楽しみにしています!



続いて、小学3年生、Y.Sさんのレッスンでの様子をご紹介します。

Yさんのレッスンでは、ロシア奏法によるテキストを取り入れています。

このテキストは、世界的に活躍するロシアのピアニストが幼少期に受けていた教育をもとに研究され、最近日本に入ってきたメソッドです。




このテキストの良い点

♪導入では、メロディーのすべてを3の指を使って弾くことによって、ピアニストにとって必要なテクニックである、手の甲の支えを体得できます。

♪3の指でメロディーを繋げていくことで、腕や手首の脱力を体得できます。

♪生徒と講師の連弾になっている曲が多いため、一緒に演奏することで表現力や想像力を伸ばし、美しいハーモニーに触れることができます。


曲はとてもユニークです。




たとえば、こちらの曲はバーバヤガーという、不思議な化け物をテーマにしています。

アクセント(強く弾く)の部分は化け物が迫ってきていて、ない部分は遠くへ行ってしまったのかな?と話しあいました。


連弾にして合わせてみると、得体の知れない何かがやってくるような、迫力のある響きがしました。Yさんは「お化け屋敷みたい👻‼」とお話してくれました。





その他は、正しいテクニックを身につけるための「わたしはピアニスト ピアノテクニック」と

おさえておきたい名曲、幅広い時代やジャンルの曲が入っている「オルガンピアノの本」を使用しています。






ピアノのレッスンの後は、「ソルフェージュドリル」に取り組みます。

ソルフェージュ(楽譜を読む力)と楽典(音楽に必要な幅広い知識)がバランスよく学べ、効率の良いテキストです。



メロディーを書き取るということは、ただ読むだけよりも深い理解が必要となります。

音符の長さ、高さ、楽譜のつくり、耳で聴くこと。

総合的な勉強になりますね。



calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
sponsored links
selected entries
archives
recent comment
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM